省エネ住宅では壁や天井と同様に床にも断熱材を入れるわ。
床下には地面の冷気、湿気がこもっていて、その侵入を防ぐために断熱材は隙間無くしっかり敷き詰めることが重要よ。
床下に断熱材を入れることは防音対策にもなるの。

床面の問題にはダニやカビの発生があるわね。
ダニやカビの原因となる湿気は床下の土壌から床材を通じて室内へ入るわ。
近年の住宅は気密性に優れているため冷暖房の効果は上がるけど、一方では適切な湿度が保ちにくく加湿器や除湿機で調整しなければならないの。
この床下の湿気を取り除くには、風が通るための通風を確保し、防湿フィルムを敷き詰めたり、コンクリートを打つなどの防湿対策を行う必要があるわね。

また、建築する上での対策とは別に、室内の床材や敷物によって省エネ効果を上げる方法もあるわよ。

例えば日本の伝統的な床材である畳は、吸湿性が高く、湿度を畳自体が調整してくれる優れた床材だわ。
質感もよく、見た目にも落ち着きがあるわね。

カーペットやラグなどは熱の損失が少なく、冬に敷くことで床をより温かく感じさせる効果があるわね。
反対にフローリングや畳、茣蓙は夏には冷たく感じられ、見た目にも涼しげになるわ。

床は住む人の足が常に触れている大切な部分よね。
特に日本人は靴をはかない生活をしているため、直接足に触れる床は体感温度や健康にも大きな影響を与えるわ。
床は省エネであると同時に、強度や耐久性に優れ、自然のぬくもり、肌触りのよい質感、見た目にもよいことなどが求められるの。