省エネ住宅では窓やドアなどの開口部は省エネ性において弱点になる部分だと言われているわ。
それは隙間ができやすく、熱伝導がよい部分だからよ。

玄関や勝手口などのドアは、開閉回数が多く、住宅の中でも外気が入りやすい部分よね。
従来よく使われていたアルミ製のドアは、近づくと冷気を感じたり、表面に結露がみられることがよくあったわ。

そこで同じアルミ製のドアでも内部に断熱材を入れたり、ガラス部分に高断熱ガラスを採用した断熱タイプのドアが開発されたの。
熱の出入りを最小限に抑えるため省エネ効果も高まり、玄関や勝手口付近の寒さを防ぐことができるのよ。

またドアのゴムは毎日の開閉によって擦れたり、長期間の使用によって硬くなったり、ヒビが入ることがあるわね。
ドアを閉めていても隙間風が入る時には、ゴムの取り替えや取り付け位置の微調整を行うことも必要よ。
室内のドアも同様に、断熱、気密性が省エネ効果に大きく影響するわね。

一般的な住宅では、冷暖房をしている部屋としていない部屋との温度差が激しく、身体に負担がかかってしまうわ。
断熱、気密性が高い省エネ住宅は、1,2台のエアコンで住宅全体を冷暖房することができるといわれるの。
部屋の温度差も少なくなり身体に負担の少ない住宅だといえるわね。

日本のドアや窓は昔から「引き戸」が主流だったわ。
「引き戸」は多くの面積が開けられ風通しがよい反面、気密性においては劣るといわれているね。
しかし近年では気密性の高い「引き戸」も開発されていて、省エネ住宅では多く取り入れられているわ。

今後は省エネ住宅のドアも選択の幅が広がっていくものと思われるわね。