省エネ住宅では、どんな暖房器具が最適かしらね?
暖房器具にはさまざまな種類があるけど、それぞれに良い点、悪い点があるわよね。

暖房器具には暖めた一部の空気を対流させることで室内全体を暖める「対流式」と、赤外線による照射によって人体を暖める「輻射式」、また熱源が直接人体を暖める「伝導式」があるの。

石油ストーブ、ガスファンヒーターなどは対流式の暖房器具で、手軽で使いやすいことから家庭に多く取り入れられてきたわ。
でも、このような開放型の暖房器具は燃焼ガスを発生するため、室内空気を汚しやすいという欠点があるのよ。

オイルヒーターなどのパネルヒーターは、輻射と自然対流を利用し部屋全体を暖める仕組みの暖房器具なの。
空気を汚さず、健康面、安全面でも優れているわ。
近年パネルヒーターはさまざまな改良がされ、立ち上がりの早いものや温水タイプのものも登場し、選択肢が拡がっているわね。
でも電気を多く消費するため省エネ効果は低く、電気代が掛かってしまうという欠点があるわよね。

近年注目を集めている床暖房は、熱の輻射と伝導を利用し「頭寒足熱」の理想的な暖房によって室内温度を均一に暖めることができる暖房器具だわ。
空気の汚染や乾燥が少なく、また場所をとらず、音も静かなど優れた面を多くもち、省エネ住宅や新築マンションなどでは標準装備になるほど普及しているのよ。

床暖房には電気式や温水ガス式など熱源も多様化しているけど、床温度を上げることは体感温度を効果的にあげることでき省エネにも有効よ。
特に断熱性、気密性に優れた省エネ住宅では、空気を汚さず、穏やかに室内を暖める床暖房は最適な暖房器具だといえるわね。