Topへ

スポンサードリンク

オール電化+太陽光発電は、新築時に

オール電化住宅に住むメリットは、光熱費が電気料金のみになることと、
経済的な電気料金のコースを利用して電気代を極力抑えることができることだわ。
更に、省エネルギーでしかも二酸化炭素を排出しないので、地球環境保護に貢献しているの。
それは、とても素晴らしいことだわ。

でも、更に光熱費が少なくなり、しかももっとエコロジーな生活ができるってご存じかしら?
それは、オール電化に太陽光発電を併用することだわ。

太陽光発電(ソーラー発電とも言うわね)は、
屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールというパネルを設置して発電するわ。
エコロジーな電力として、公共施設などで使われているわ。
ソーラーカーなんてものもあるわね。
この太陽光発電を住宅に取り付けるの。

最近は、セキスイハイムで、「光熱費ゼロ」を謳った宣伝をしているわ。
ゼロとはいかなくとも、太陽光発電で、光熱費を驚くほど減らすことができるわ。
しかも、太陽光発電で発電した電気が余ってしまえば、その電気を電力会社に売ることができるの。
エネルギーが無駄にならないし、電気を作ることが楽しくなるわよね。

太陽光発電の難点は、天気に左右されちゃうことだわ。
それから、夜は発電できないわ。
電気が足りない分は、電力会社の電気を使うことになるわ。
でも、夜の安い電気を使えば大丈夫だわ。
家は高気密高断熱にすると、室内の冷暖房の効果を上げることができて、省エネルギーになるわ。

太陽光発電の設置には、工事費を含めて、だいたい200万円くらいかかるようだわ。
オール電化と太陽光発電、更に、高気密高断熱と、すべてのリフォームをするには、
かなりの費用がかかってしまうわ。
既にある家をリフォームするよりも、セキスイハイムのように、
新築時にオール電化+太陽光発電と決めておくのが良いようだわ。

関連コンテンツ

Topへ