Topへ

スポンサードリンク

オール電化住宅、停電の時は対策が必要

オール電化の新築住宅を購入したい、または、家をオール電化にリフォームしたいけど、
停電の時はどうしたらいいの?と心配だわ。

家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなると思うわよね。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使えないわ。
まさかの時のために、カセットコンロを予備に用意しておくとよいかしら。

お湯はつかえるの?
お湯は電気給湯器の貯湯タンクにお湯が残っていれば、そのお湯が使えるわ。
(ただし、飲むことはできないわ)
しかし、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用しているので、
停電時はどちらにしても使えないことになるわ。

暖房はどうしたら良いかしら?
暖房は残念ながら使えないわ。
まさかの時のために、石油式のストーブなどを用意しておくとよいかしら。
石油ストーブや石油ファンヒーターでも、電気がなければ使用できないものがあるので、
電気の要らないものを用意しておくといいわ。

近年、大規模な地震が相次いで起き、災害に対してのさまざまな教訓が生まれたわ。
中でも、ライフラインが断たれると非常に困るので、その対策が必要だわ。
日頃から停電時や断水時にどうしたらよいかを考えておかなければいけないわ。

エコキュートなどの電気温水器によるメリットとしては、お湯をいつも貯めておくということかしら。
ポンプに貯めてあるお湯は使い切っていなければ温かいですし、生活用水として利用できるわ。
ただし、飲用はできないので注意が必要だわ。
飲用には災害時のために飲用水を用意しておくといいわ。

また、オール電化住宅だと、電気と水道が復旧すれば、ほぼ元の生活ができるわ。
ガスが止まっていても、電気さえあれば大丈夫だわ。

どんなスタイルの家に住んでいても、災害は心配だわ。
日頃からの備えが大切ということだわね。

関連コンテンツ

Topへ