Topへ

スポンサードリンク

オール電化、エコキュートは「空気でお湯を沸かす」

オール電化の普及とともに、エコキュート、という言葉も浸透して来たわね。
頻繁に放映されちゃうオール電化のCMをみて、なんとなく名前と仕組みはわかる気がするけど、
「空気でお湯を沸かす」ってどういうこと?
なんて思っている方、多いと思うわ。

そんなオール電化の代表格、エコキュートについて少し詳しく解説していくわ。

お湯を沸かす、といっているだけに、エコキュートとは給湯システムの名称だわ。
そのエコキュートを、究極に簡略化した説明が「空気でお湯を沸かす」という言葉だわ。
言葉のとおりで、空気でお湯を沸かしているんだけど、
どんなに暑いといっても40度に満たない空気が、なぜお湯を沸かすことが出来るのかしら?
そのポイントは「圧縮」にあるの。
エコキュートの最初のステップは、まず大気中の熱を吸い上げることから始まるわ。
そこで吸い上げられた熱は、お湯を沸かせるほどの高温ではないんだけど、
その熱を圧縮すると高温になるの。
実は、この原理、圧力鍋も同じだわ。
圧をかけると高温になるから調理時間が短くなるんだわね。

空気を圧縮することで高温熱は用意できたけど、
その熱を、タンクの中の水に運ばなければお湯は沸きません。
その運び屋の役目(冷媒というわ)をしているのは、二酸化炭素なの。
冷媒の代表格はフロンだわ。
フロンは、オゾン層を破壊してしまうガスだわ。
そして二酸化炭素の1500倍以上も地球温暖化に対する影響を持っているガスなの。

電気の力だけではなく、空気を圧縮して高熱を発生させるのでエコノミー=経済的というわ。
かつフロンではなく二酸化炭素を冷媒としているのでエコロジー=地球に優しいわ。

エコキュートのエコには二つの意味が含まれているのね。

関連コンテンツ

Topへ