Topへ

スポンサードリンク

オール電化、深夜料金で電気代が割安

オール電化にすると、いったいなぜお得になるのでしょう?

CMや広告を見ると、「オール電化にすれば料金がお得」というキャッチコピーを必ず目にするわよね。

まず単純に、ガスの基本使用料を払う必要がなくなり、基本料金を電気だけに一本化できるわ。
ガスの基本使用料は各家庭の使用量によって、また地域によって異なるけど、
ざっと1,000〜2,000円くらいとなるわ。
具体的に知りたい場合は、毎月のガスの検針票を見ると記載されているわよ。

あとは、オール電化にするとランニングコストとなる電気料金が割安になるわ。
これまたCM等で「割安な深夜料金を使うから、電気代がお得」という宣伝文句も
聞いたことがあるわよね。
この、深夜料金。本当にお得なのよ。
アタシたちが普通に暮らしていて活動する時間帯は朝7時頃から夜11頃だわ。
当然、その時間帯には電化製品を使うことが多いため、電力使用量も多くなるわ。
その使用量の多い時間帯の電気料金は、これも地域差が多少あるけど、
1kwあたり大体20〜30円くらい。
そして人々が寝静まり、電気の使用量がぐんと減る夜11時から午前7時までは
深夜料金が適用されるわ。

深夜料金の1kwあたりの電気料金はなんと、7円余り。
深夜料金を活用する、ということは、それだけで電気代を4分の1〜3分の1もカットできることになるの。

ただ、日中の消費電力すべてを深夜の電力でまかなえるわけではなく、
この深夜料金を活かせるのは主に給湯システムになるわ。
光熱費の大半は給湯に使われている、といわれているだけに、
給湯システムだけでも深夜料金にあやかれるのはありがたいわよね。

関連コンテンツ

Topへ