Topへ

スポンサードリンク

オール電化、設置後のランニングコスト削減に期待

オール電化に踏み切るのは、どんな理由なのかしら?

ガスコンロや給湯器などの設備機器には、故障や寿命がつきものよね。
修理や買い替えは大きな出費となるわ。
故障の場合は、修理費と買い替えの費用の兼ね合いによって選択できるけど、
寿命を迎えてしまった機器は買い替えしかないわね。
特に給湯器はものも大きければその金額も結構なもの。
じゃあ、いっそ、ガスコンロもIHクッキングヒーターに買い換えて、
オール電化にしてしまおうか、という理由でオール電化に踏み切る人は多いようだわ。

そこで気になってくるのが予算の問題だわ。
憧れのオール電化デビューをするには、リフォームにおいくらくらい必要なのかしら?
どんなものでも機能性が高まれば当然お値段も高くなるのが世の常だわ。
IHクッキングヒーターやエコキュートも例外ではなく、
機能によってお値段にかなりの幅があることは知っておきましょうね。

まず、IHクッキングヒーターの場合、本体価格がざっと10万〜30万円くらい。
ガスコンロ撤去などの諸経費を込めて、別途工事費が5万〜10万円くらいかかってくるわ。
ガスコンロをビルトインタイプのものに取り替える場合、本体価格が同じく10万〜30万円くらい。
だけど、ガスコンロのほうは割引率が非常に高く、
現実的には工事費込みで10万円〜20万円で済んでしまうことが多いようだわ。

次に給湯器だけど、エコキュートの本体価格が40万〜80万円くらい。
諸経費を含めた別途工事代が10万〜15万円くらい。
ガス給湯器だと、10万〜40万円くらいだけど、こちらも大変な割引率で、
実際には2〜5割くらいはお安くなっているようだわ。

価格の差だけで観ると、どうやらガスのほうに軍配があがりそうだわね。
でも、オール電化にするということは、
火事ややけどに対する不安からかなり解放され、ストレス面での負担が減るわ。
また、設置後にランニングコストの削減が期待できるので、長い目で見ればもとは取れそうだわね。

今現在の出費を抑えてガスを選ぶか、安心・安全がえられ、
今後のランニングコストを抑えられる電気を選ぶか、悩むところだわね。

関連コンテンツ

Topへ