Topへ

スポンサードリンク

オール電化暮らし、古民家でも実現可能

オール電化住宅を古民家でできるのかしら?

定年後は田舎でのんびり自給自足生活とか、子育ては子どもがのびのびと走り回れる田舎でなど、
田舎暮らしにあこがれて移住する人が増えてるわね。
そんな中、新しい住まいとして、田舎の風景にしっくり溶け込んだ
古民家をあえて選択する人も増えているのよ。
でも、古民家というだけに、建物や設備器具の老朽化は激しいから、
改修や改装などのリフォームは古民家に住むための必須条件となるわね。

この時代のかけ離れた二つを同時にかなえてしまうことができるってご存知かしら?
「古民家のリフォームにオール電化は無理」と、なんとなくイメージ的に思ってしまいがちだけど、
全然そんなことはないのよ。

そもそもオール電化にするための絶対条件は、「家に電気が通っていること」なの。
いくら田舎暮らしを希望しているとはいえ、今の時代、
電気の通っていない所を見つけることのほうが困難なくらい電気は隅々まで普及しているわ。

これ以外に、オール電化にリフォームするための条件は2つ。
ひとつは契約アンペア数が足らない場合、アンペア数をあげることができること。
要は、家の中でたくさんの電気を使うことができるように、
電気供給元を強化することができること、ということだわ。
昔は今ほど電気に頼らない暮らしをしていたので、古民家の場合、
供給されちゃう電気量が少なく設定されている可能性が高いと考えられるの。
この問題は、管轄の電力会社に問い合わせをして、
幹線工事が可能であれば古民家だからといってなんら問題はないわ。

もうひとつの問題は地盤だわ。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体のほかに貯湯タンクが必要になってくるの。
タンクは370〜460Lの水を貯めるので、
本体の重さ約100kg+タンクの重さ370〜460sに耐えうる地盤が必要ということだわ。
古民家の場合、床の老朽化も進んでいるでしょうから、
タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要になっていると考えられるわね。
張替えの段階で、地盤のことも考慮しておけば、この問題もクリアできそうだわ。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのよ。

関連コンテンツ

Topへ